あきチュウの映画!ざんまい!!

映画を観て感想をつづる仕事したい

映画「スリー・ビルボード」を観てきた

 

全員、自分に怒ってる。

 

そんな映画でした。

とても良かった。

なんと言えばいいのか。

んー…すごく、脚本として完成されていた。

脚本が上手すぎて観終わった後みんなの幸せを祈らずにいられないというか。

 

すぐ泣くと評判の私はある分岐点からずっと泣いてました。

演者は言葉少なで、目線とか表情とか…空気で演技してる。

その演技を信頼して脚本が描かれてるから、こっちは最大限の集中力でそれを読み取る。

 

現実かどうかは、南部に住んでみないとわからないんだけど、私にしたら現実離れしてることが山盛り。

差別とか暴力性、警察の横暴。

 

でも最後の最後には、現実ってこんな感じなんだよねって思わせる感じがすごく、近年で言えばララランド的。

心にズシリとくるから、ハッピーなものを見たいときはオススメしない。涙を流したかったり、世間にうっぷんがたまってたりするときにみるといいです。

 

 

 

スリー・ビルボードベネチア国際映画祭脚本賞トロント国際映画祭では観客賞を獲ったらしいんだけどなるほど納得だった。

ゴールデングローブ賞も、もちろん受賞してる。

 

素晴らしい脚本。好き嫌いは分かれると思うけど、とても綺麗な脚本だった。

人生の一端に観ても良い。心が元気じゃなくても、頭が働くならきっと良い映画だったって言えるだろうな。

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレ。

 

 

 

 

ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

 

以上映画.comから引用。

 

 

 

 

 

これ絶対犯人捕まえてハピエン、と思うけどそんなことないんですよ。

実際犯人捕まらないし。

現実なんて、そんなもん。

 

ミルドレッドが出した巨大広告には

 

「レイプされて死んだ、犯人逮捕はまだ?ウィロビー署長」

※「rape while dying」を「レイプされて死んだ」と書いてました。ニュアンスとしては、どうなのかしら。

 

と書いたから、署長を讃える警察から街から批判殺到するんだけど。。。

 

 

んー、まとまらない。

ちょっと一人ずつ言います。

観た人向けなので諸々省略しますよ〜

 

 

ミルドレッド

ミルドレッドは粗野で乱暴ですよね、娘を想っての行動だろうけど、とにかく自分へ怒ってる人だなーという印象。

誰にも平等につっかかり、引かず、差別せず、みたいなところあるけど、実際は小男(こうやって訳されていたはず)のジェームズのことは下に見てるんですよ〜。ミルドレッドも差別してたんだね。気がついてなかったみたいだけど。

まぁ〜劇中なんども出てくる炎のような人だった。

きっと、最後は誰も殺さないんだろうな。

 

ウィロビー署長

署長〜!死んでしまって悲しい。

自殺したり、仕事してないと思われるのは困るとか、すごく気持ちわかるんですよ。

再捜査しようとしたりして、めっちゃいい人。

事件て、本当ウィロビー署長の言った通り、なんの進展も見込めない手詰まりになるものも当然ある。現実ってうまくいかない。

でも、奥さんに、きちんと病気のせいだって残して、全部全部病気のせいだけど

ミルドレッドにやられたことをやり返すっていう、あの姿勢。本当すき。

 

ディクソン

もー、クソ野郎って思ってました。

差別クソ野郎!って。(失礼

でもお母さんのこと大切にしてたり、刑事になりたかったり。後半のディクソンは悲しくなる。

そして署長の手紙を読んでて思ったのですが、

同性愛者なのね、ディクソン。

だからもしかしたら、ウィロビー署長か、レッドには親愛の情があったんじゃないかなーと。

自分が差別されないために、自分以外を差別してたのかなって。悲しい人だな。

署長の手紙を読んで、自分がすべきことを察して、真っ先に書類守ったのはごうなきしました。

トーマの心臓系には、とても弱いんです。

その後も、刑事みたいに振る舞って。クビなのに。

もう関係ないんですよね、署長が刑事になれるって行ってくれたら、もう刑事なんだなー。

 

 

 

 

ウィロビー妻

ウィロビー妻は、自殺をミルドレッドのせいじゃないってわかってるけど

多分許せないんだろうな。怒りの矛先が、どこにもないんじゃないかな。

辛いなー

 

レッド

レッド〜〜お前〜〜〜!いいやつだなー!!!!!

オレンジジュースーー!!!!!!

ディクソンと付き合ってほしいと思ったけど、まぁそれはないだろうな。トラウマだよね…

 

主要人物はこんなところかな。

 

事件について

事件の犯人は結局わからない。

国外にいたというのが本当なのかすら。

もしかしたら、軍のそういう人の圧力が新署長にあったのでは?とか思ってしまう。

それは私がアメリカの軍のこととかが、わからないからかも。

実際はどうなのかな。

でも、犯人がわからない事件は案外たくさんあるから、現実を突きつけられた感ありましたね。

 

 

とにかく脚本が素晴らしい。

掛け違ってたボタンがパチパチとはまっていく感じ。

特に最後は

え?殺しに行っちゃうの?

と思ったけど、最後まで見れば

 

ああ、この人たちは殺さないな

 

って。

ふわっと、納得というか。

心があったかくなりました。

ミルドレッドは、

捕まえてほしいけど、それだけじゃなくて

警察に諦めないで捜査をして欲しかったんだろうな〜

少しでもいい、毎日現場に来るだけでいい、捜査をして欲しかったんだろうなって。

 

はー、南部って難しい。

多分新しい署長は、南部の差別とは関係ない、南部のことを全く知らない、まさに私たちのような立場の象徴なんだろうな。

 

ううう、全く伝わらないよ。

是非、この映画は見てほしいです。

脚本が、素晴らしいので。

 

映画「バーフバリ/王の凱旋」を見た

マヒシュマティの国民になりたい。

 

バーフバリ/王の凱旋(以下バーフバリ2)は

私たちの知能をことごとく奪っていく。

見終わった後の私は知能指数3。

「バーフバリ!バーフバリ!」とマヒシュマティの国民よろしく王を讃える言葉しか出てこなかった。

 

ちなみにバーフバリは今回が2作目なので、これから観に行こうと思ってる人は

1作目、バーフバリ/王の誕生(以下バーフバリ1)

を(せっかくなので)観て欲しい。

でも忙しいならバーフバリ1を観なくても大丈夫。

本当、全然大丈夫。

なんなら私もバーフバリ1は1時間しか見れなかった。

その私が言うんだから大丈夫。

 

だって、

 

バーフバリ2の冒頭に「忙しい人のためのバーフバリ1」があるからだ。

 

ストーリーとかはどうぞwikiをみてくださいどうぞ。どうぞ。

 

バーフバリは、バーフバリ王の大河ドラマだと思って間違いない。

 

でも日本のエネッチケーとは違い、インド映画だから歌うし踊る。

正直バーフバリ1の冒頭で「いやお前それは無理だろ!」って思うようなことをやってのけるので

 

なるほど、そういうスタンスの映画ね

 

と受け入れてしまえばもう面白さしかない。

上手いのかどうなのかわからない大仰な演技を見せられて

フフ

と笑いを零せばバーフバリ製作陣の手に落ちたと思って良い。

あとは思う存分、掌の上で踊らされればこちらもそちらも楽しいwin-winの関係が築けるだろう。

 

そんなバーフバリ1を軽く飛び越えるのが

バーフバリ2である。

バーフバリ1は半分がバーフバリ息子の話、半分がバーフバリ王の話なのだが、

バーフバリ2は8割方バーフバリ王の話なわけだ。

このバーフバリ王がすごい。

何がすごいって弓の使い方が尋常じゃない。

一気に3本放ったり、他の人の弓に当てて軌道をずらしたりする。

もちろんそれだけじゃない。

象を手懐けたりなんたりかんたり、とにかくすごい。

行動は全てがすごすぎて全く語れない。

バーフバリ1による興行収入をふんだんに使った金と人員の暴力!

圧倒的画力!!!!!

しゅごい(知能指数15)

 

 

 

でも1番すごいのは、

 

懐の広さ。

王の器。

 

バーフバリこそ我らが王。

バーフバリこそが真の王。

バーフバリを讃えよ!バーフバリ!バーフバリ!!バーフバリ!!!!

 

……取り乱しました。

なんだろうこの感じ、私は知ってる。

そう、

マッドマックス怒りのデスロードだ!

マッドマックスの時も興奮により知能指数が5になってV8を連呼していた。

 

マッドマックスとバーフバリは全く違うのだけど

この興奮はほぼ一緒!

バーフバリ!バーフバリ!!バーフバリ!!!!

 

ネタバレの仕様がないというか

本当何を語っていいのかわらかない

映画、バーフバリ/王の帰還

楽しいし後悔させないのでみんなに見て欲しいのに!伝わらないよ!バーフバリ王!

自分の未熟さが悲しい。

 

ちなみにバーフバリ1は2週間限定で公開映画館数もかなり少なかったようです。

バーフバリ2の公開映画館が少ないと嘆いてるあなた!

嘆いてる暇があるなら、車をかっ飛ばそうぜ!

 

そして一緒に

マヒシュマティ国民になろう!

バーフバリ!バーフバリ!

バーフバリ!

バーフバリ

 

 

映画「キングスマン/ザ・ゴールデンサークル」を見た

おこんばんは。

あきちゅうです。

 

あきちゅう、映画だーいすき。(ぽにょ)

 

映画大好きすぎて、キングスマン/ゴールデンサークルは海外遠征して見て来ちゃった。

 

海外遠征。

いい響きだよね。

でも映画のための海外遠征はいろんな人にドン引きされるし入管で引っかかるし大変だよ。

 

 

 

さてさて、公開前までに絶対に書くつもりだったキングスマン2(海外映画館ではこう評価されて居た)ですが、ネタバレガッツリするからほんとお気をつけなはれや?

※ただし、字幕なしの英語オンリーだったので、理解度は半分くらいです、あしからず

以下ネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画とは、最大の娯楽である。

by あきちゅう。

 

私の考える最悪のキングスマン2は、

1 キングスマンみんな死ぬ

2 ハリー復活はエグジーの妄想

っていうのでした。

いやー、でもキングスマン見た時から、アーサーが「ガラハッドが死んだ」って言ってるの気になってたんだよね。

わざわざ「ハリーが死んだよ」って言いに来たエグジーの言葉訂正する必要なくない?

ないよね、ないよ!!!!

ハリー生きてるんじゃねーの?ガラハッドとしては死んだけどさぁ!!!!!

ってずっと信じてたし思ってたわけですが…

 

 

 

 

 

やったーー!!!!!正解だー!!!!

ハリー生きてたーーー!!!!(ドンドンパフパフ

いやー、まあわかってましたけど?(ドヤ

知ってましたけどね(ドヤドヤ

でもハリーを助けてくれてありがとうステイツマン!ありがとうハルベリー!

 

 

では、物語をザッとネタバレストーリー。

1 エグジーと機械化チャーリーの戦いからスタート

2エグジー があの王女さまと付き合ってること判明

3 ポピーによりキングスマン組織壊滅。ランスロットとJBの死亡?

4エグジーとマーリンがステイツマンのところへ

5記憶喪失状態のハリーと再会そして復活

6マーリン囮作戦により死亡?

7ハリーとともにポピーを倒す

8結婚式(結婚式です

 

 

ハリーが生きてたなんてこれほどハッピーなことはないなーと思っていたんですけど

 まさかのキングスマン設備全壊っていう。

にいちゃん、ランスロット…死んでしまったん?(火垂るの墓

いやここは諦めちゃダメだろって思ってますけど。

地盤沈下してたしどうかな〜。

エグジーは王女さまと関係が続いてたようで、それは嬉しいんだけど 、王女さまが死んだJBの代わりのパグちゃん速攻買ってくるとこに違和感ですよ。

私が死んでも代わりはいるもの…っていう綾波レイのセリフがぐるぐるしちゃったわいな。

JBの代わりはいないじゃん…エグジーに辛い顔させないでよ。

 

ハリーはハリーで「ママに会いたい」的に記憶喪失で可愛くなっちゃってるし、もうどうすりゃいいよ?蝶々が飛んでて可愛いです。

可愛いは正義。

復活するときに見せた、子犬のような目からスパイへの変容は最高にかっこよくてカッコよくて。

最高でしたね?

ね?????(それ以外の回答は受け付けません)

 

ステイツマンに対する感想は特にまぁ、ないです。

人肉をハンバーグにしちゃうなんてアメリカへの風刺が効いてるなぁって思うくらいですね。

あ、お酒の名前のコードネームなのはカッコよかった。

 

ただ。

ただただ、マーリンが死んでたら悲しいなって。

だって、前作からマーリン可愛い度が上がっていたじゃないですか。

みんな大好きマーリンになってたよね?

そこに来て今回は

酒飲んだくれ、泣きながら仲間を偲び

ハリーとの再会を喜び記憶を呼び起こすために苦労し、

はじめてのスーツでの武装

っていう最高かよっていうところに来てからの

カントリーロード地雷爆死。

こっちがカントリーロードフルコーラス歌いたい気分だよ…

あ〜足が1本吹き飛ぶくらいで済んでないかなぁ。だめですか。

だめか。

キングスマンみんな死ぬっていう最悪の事態はハリーとエグジーの生存により回避だけど、ほぼほぼみんな死んでるからね?

やめたげて。

 

他にも涙なしには語れないシーンやセリフが盛りだくさんでした。

ハリーとエグジーの共闘とか、最高ですよね。

語り出したら止まらないですが、(ここまでネタバレして起きながら)是非1月に公開したら見に行ってください。

ちなみに海外DVDの発売日は12/15です。

嘘だろ…映画公開前だよ…

前作を見てないとちょっとキツイかな〜?と思いますので、前作見てない方は合わせてどぞ。

 

前作を表す言葉が「花火」なら、今作は「野球」だと思ってます。はい。

 

あとですね、これは本当個人の感想なんだけど「秒でアガる」ってキャッチコピーやめません?
なんでこんなダサいのつけたのって思うくらいダサいよ。
もうさー、そういうダサいキャッチコピーいらないんだよ
秒でアガるってキャッチコピー付けたら興味なかった人が観に行くと思ってるなら大きな間違いだから。
本当。
でも私の愛すべきツイッターで検索すると何人か褒めてる人いるんだよな。
いやー、お友達になれそうにありません。
だっておま、秒でアガるて。
もっと何かあるでしょうよ…なにか。思いつかんけど。

 

映画「LA LA LAND」を観た。

すごくハッピーエンドの作品だった…とは言い難い。

付き合って1ヶ月の恋人と観に行くのは進めないが、夢と希望が詰まっているので

友達とか、人生に疲れたら是非観てもらいたい。

IMAXで。

 

作品評価としてはかなり私は好きだ。

でもそれは、

1 私が映画が好きで、

2 エマ・ストーンライアン・ゴズリングが好きで、

3 ミュージカルが好きで

 

4 デイミアン・チャゼル監督作品を知ってる

 

からだ。

 

 

決して、

アカデミー賞でノミネートされて有名だから」

観るものではない、と思う。

いや、個人的には映画館で是非観てもらいたいけれど、評価は分かれるし、

なんなら日本人好みではないだろうなっていう感じ。

伝わるかな?

 

ところどころ私が観終わった後に吐き出したツイッターも引用しながら書くので

その感想もう読んだよって人は勘弁してほしい。

 

「セッションの監督だって知ってただろ私のバカバカ!!!!!音楽最高なんでIMAXで見るべきだったーーーー!」

 

 

これが私の感想第一声だった。

音楽がとにかくいい。最高of最高なので観るのが決まってる人はこんなブログ読む前にIMAXでチケットを取ってほしいものだ。

あと何度もいうが、デイミアン・チャゼル監督作だってことを理解してないなら「は?」ってなると思うし、なんなら「つまんなくね?」ってなると思う。

 私はDVD買うつもりだ。だって音楽がとにかく良かった(しつこい)

正直帰り道はスキップつかステップ踏んで帰った。変質者かな?という感じだ。

 

 

 

以下、ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュージカルはハッピーエンドにしてくれ!という感想を投稿してる人がいるが、ラ・ミゼラブルを見たことはないのだろうか。

あんなに不幸だけど前向きな作品ある?

最高のミュージカルに仕上がってると思う。

雨に唄えばだって、100%ハッピーじゃないよなぁ。

 

さて。

 

こういう…「夢は手にしたが愛は手放した」というか、

「どちらか片方だけ手に入れた」と言う現実を

アメリカ人は特に好きそう。

だからアカデミー賞にノミネートされていてもなんの不思議もない。

音楽の素晴らしさや世界観を正しく理解すれば、ヨーロッパで人気になるのも頷ける。

それが日本ではどうかと言うと、難しいところだろう。

セッションを観ていた(過去に疲労した経験のある)私は、当然このカップルは別れるし、なんならどちらかが夢破れて自殺すると思ったし、

ラスト10分までこんなにすんなりエンディングを迎えるなんて信じていなかった。

観終わった後に「疲れた」って言ってる人がいたけれど、それはそれだけ没頭したと言うことだろう。

そうさせる技量が俳優にもストーリーにも映像にもあったのだ。

現実って、疲れるんだよ。

懸命ならさらにね。

 

全て丸く収まるハッピーエンドにはならなかったけれど、それが現実だし、夢を手にした二人には最高のエンディングだったと思う。

 

あと私の注目してほしいポイントとしては

ライアン・ゴズリングの手の角度が可愛いし歌って踊ってすごくキュート&セクシーだしエマ・ストーンがクソカワで、

マジックインザムーンナイトの時のコリンファースやっぱ変態かな?って気持ちでいっぱいになってしまった。

エマ・ストーンエマ・ストーンと認識したのはマジックインザムーンナイトなのだが、よくよく考えれば年齢差がありすぎだよな〜。

 

横道に逸れた。

 

ラストに「こういう物語もありえたろうな」「こういう物語を期待した?」というものを見せられるが、

現実はそうじゃない。

そうじゃなくても、二人とも愛し合ったし、夢をつかんだ。

ミアもセバスチャンも120%ではないけれど、お互い100%の幸せを手に入れてるんだ。

それってすごい。

セバスチャンが笑ったのがその証拠だろう。

本当に良かった。

 

この映画を観た後

 

ゆっくりと目を閉じると、

時間はあっという間で、

私は75歳になっていて

「ああ、いい人生だった」

「夢も見た、恋もした」

「悔いのない、いい人生だった」

と言って死ぬんだ

 

と思った。

正確には死にたい、と思った。

 

ミアとセバスチャンは

きっとそう言って死ねるような時間を過ごしていたと思う。

 

 

蛇足

 

エンドロールの最中に携帯を使いたくなったら会場の外に出るべきだし、10万歩譲ったとして音を出すんじゃねーわ。

せっかくの音楽と雰囲気にラインを送るシュッシュッって聞こえるし文字打つ音がポコポコ鳴ってるんだよ!

勘弁してくれ。

最近そういう人多すぎじゃないか?

 

 

映画「ドクター・ストレンジ」

時間は有限で、私たちは限られた時間の中で出来ることをしなければならない。

そんなことを考えさせられる映画だった…。


とでも言うと思ったか?

いや、言いませんよ。

MARVEL映画だもの。


とりあえずネタバレする前に伝えておきたいことは、

絶対MX4Dまたは3Dで観た方が楽しいってこと。

画面がぐるんぐるんするので、そっちの方が明らかに何倍も面白さが違うとおもう。

小さなディズニーランド、または花やしき

私は2Dで見たことを後悔した。

ものすんごく後悔した。

それくらい映像は面白く仕上がっていたからこのブログを目にした人は絶対3D以上で見ることを約束してくれ、わかったな?オラとの約束だ!


ところで公開前、私の愛する電脳空間Twitterでは、あるワードが踊っていた。

みなさんも見かけたことがあるのではないだろうか。


そう、

「マッツ・来てるセン」




これだ。

誰が言い始めたか特定するのは他の人に任せておくことにして、

映画公式が舞台挨拶のための「マッツ・ミケルセンそろそろ来日でーす」って言う前に、

ゲーム監督の小島某さんがTwitterにマッツとのデート写真をアップしていたことから端を発していたのだと思う。

なかなかの響きではないだろうか。

北欧の至宝をつかまえて、

マッツ・来てるセンとは。


天才か?


しかしこの稀代の天才が生み出したワードの強さたるや、映画を見てる私の脳内を完全に支配してしまっていた。






以下ネタバレ。







まず最初に登場するカエシリウスことマッツ。この段階で、

わー、久しぶりー!悪マッツ!!と興奮する。

いや、普段興奮しない人も「ハンニバル」と「ローグ・ワン」のギャップを知っていれば

「おかえりマッツ!!」となるに違いない。


こんな怖い人と小島某さんは屋形船デートしたのかーなんて思ってたんだけど、


次の瞬間。


エンシェント・ワンの魔法で建物に巻き込まれそうなマッツを見ながら私の脳内で踊る文字。


マッツ・巻き込まれやセン



うん、マッツは巻き込まれないよね。

こんな序盤で巻き込まれたら終わっちゃうもんね。

雑念を振り払い次はベネディクト・カンバーバッチ(以下ベネ/敬称略)のシーンを見る。


高慢なストレンジにあれやこれやと起こって修行して魔法を手にする。

ヒゲベネやらヒゲベネやらヒゲベネが観れるのでベネファンにはヨダレものだ。

是非ともハンカチを持参して拭くことをお勧めする。


すごい、映画クラスタ聖地巡礼はアメリカとイギリスだけに治らずチベットにも行かなきゃならないのか。

大変だな…なんて思いながら見る私。

エベレストはさすがに行かないだろうな…とか



そして修行の地に迫り来るマッツ。

そう、


すぐそこまでマッツ・来てるセン 


である。

もう〜勘弁してくれ。

天才の罪は重い。


ニューヨーク支部での戦いでは

変な格好させられるセンだし、

もうマッツですらないじゃん!と自分で自分の脳に突っ込む始末。


マントとの掛け合いのベネ可愛いし、何よりマントが可愛いからマントのために観て欲しい感もある。

オバケが苦手な私にとって、

そうか!幽霊なんておらんかったんや!!!

って思えることもできた。

ありがたい。

ありがとう、ドクター・ストレンジ!

ありがとう、スタン・リー!


結局私の脳内では


マッツ・壁に埋まるセン

だったし、

マッツ・消えるセン

でエンディングを迎えたのでした。

めでたし、めでたし。

いや、まったくめでたくない。



えーん、ここでマッツ・消えるセンしちゃったらもうマッツ・MARVELで観れないセンじゃないかー!


そう、もうお分りだろう。

まったく

集中出来なかったのである。

集中/ZERO。



でも映画はエンディングロール終わるまでが映画だから、

携帯電話いじるのやめような!!

(隣の人がいじりだしたので憤慨してました)






総括:めっちゃ楽しい映画でした。

(3D以上で観て欲しい。)





公式サイトでドクター・ストレンジの魔法を体験しよう!
http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html